読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【武カレ】= 武道武術カレンダーBlog (by soseido.org)

「武道・武術イベント カレンダー」(budocalendar.soseido.org )の大会・演武会・講習会などを人力更新で紹介します。最新情報は各団体様にお問い合わせください。

【URL紹介】手裏剣形マルチツール『墨依梟』『雪羽烏』、および別のツールについても余談

「武道・武術イベント」から逸脱はするのですが……琴線を刺激されてしまったので、仕方ありません。

本日は手裏剣形マルチツール『墨依梟』『雪羽烏』のご紹介です。

youtu.be

wakutuku.com

豪華版の搭載機能は22個!小さくて使える存在です。

  1. 栓抜き
  2. ミリ定規
  3. 分定規
  4. インチ定規
  5. 内径ゲージ
  6. 糸切り刃
  7. マイナスドライバー大
  8. マイナスドライバー小
  9. 指輪ゲージ
  10. ストラップホール
  11. 直径ゲージ
  12. のこぎり
  13. ポンチ
  14. レンチ14mm
  15. レンチ13mm
  16. レンチ12mm
  17. レンチ10mm
  18. レンチ9mm
  19. レンチ8mm
  20. レンチ7mm
  21. レンチ6mm
  22. レンチ1/4インチ

 

 とあるイベント(ニコニコ超会議2015)の出店手伝いに行った時に、空いた時間にフラフラしていたらパンフレットをいただきました。

 うーむ、恰好いい!

手裏剣形マルチツールに搭載される機能は、なんと最大22種類!手のひらサイズにこれだけのツールが詰め込まれています。 さらに、手裏剣形マルチツールは2種類の製品展開をする予定です! 品質を追求した豪華版『墨依梟(すみえふくろう)』と、お手ごろ価格の『雪羽烏(ゆきうがらす)』の2つになります。墨依梟は8千円台、雪羽烏は3千円台 になる見込みです!

クナイ型のマルチツールもできるんじゃないか、という噂もあるとか?

もともと、当Blogの中の人は、マルチツールが大好きです。Victorinoxとか、LEATHERMANとか。

こういうツール(今回の手裏剣型マルチツールとか)を持っていて……使うのかと聞かれれば、「……」と無言を返すしかありません。

でも、いいじゃないですか、そういうモノでも!!

 

そして金属製でなく、紙製やプラスティック製でも、「一枚にいろいろ入っているカードって、いいなぁ」と思う傾向は昔からあります。

それが嵩じて……こんなカードを自作したり。

  1. センチメートル定規 兼 簡易級数表(後半のみ0.5mm尺)
  2. 級・ポイント 対照表
  3. 網点スケール
  4. 「級」「ポイント」「ミリメートル」「インチ」換算式
  5. 用紙寸法表
  6. 罫線スケール(mm)
  7. インチ定規 with cm定規
  8. 「x4pt」目盛り(簡易ポイント数表)※「4字幅=ポイント数」
  9. 用紙取り倍数関係の模式図
  10. 封筒サイズ&用紙サイズ模式図
  11. 罫線スケール(pt)

こちらの道具は、いま量産できる態勢は無いのですが、いつかはチャレンジ実行してみたいと考えています。(在庫はまだ、いくばくか持っているんですけれどね)

そもそもは「自分が欲しいから作った」わけですが、我ながら良い出来。

階段状の目盛とか、(コクヨのウェーブ目盛に触発されてますが)かなり独自ですし、そもそもこのように、胸ポケットサイズにデザインツールを詰め込んだカードというのが、結構画期的だったのですよね、実は。(←ちょっと自慢)

うーむ、さらにアイディアが続くようなら、これで商売できたんじゃないかと思うのですが。(文具メーカーさん、お声掛けください!)(←マテ)

 

さて、話を手裏剣形マルチツールに戻しましょう。

すでにクラウドファンディングによる資金集めも完了して、発売まで秒読み段階。超会議でいただいたチラシによれば「販売情報は近日公開」との由。

f:id:FeZn:20150502001439j:plain

……書くまでもないことですが、こちらのツールは投擲用ではありません。