読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【武カレ】= 武道武術カレンダーBlog (by soseido.org)

「武道・武術イベント カレンダー」(budocalendar.soseido.org )の大会・演武会・講習会などを人力更新で紹介します。最新情報は各団体様にお問い合わせください。

2月27日→東京/小関勲・韓氏意拳 講習会

中国武術 講習会 イベント紹介

2016年2月27日、「ひもトレ」で有名な小関先生による韓氏意拳の講習会が開催されます。(Amazon『ヒモトレ』 小関勲

韓氏意拳とは、「韓競辰」という人物が創始した中国拳法です。
形意拳意拳→韓氏意拳という流れで生まれてきたそうです。

(……)形意拳、その他の拳術との交流から得た経験と中国伝統の学術、健身、養生などの体系から得た知識を踏まえて、それまでは、一連の動作を繰り返し練習することや筋肉トレーニングなどが中心だった中国武術界に、タントウを中心とした練習体系を打ち出し、一大センセーションを巻き起こしました。
 その系統の一端を、韓競辰老師のお父さんにあたる韓星橋先師が受け継ぎ、その受け継いだものをまた韓競辰老師が受け継ぎ、時代の変化・ご自身の経験を元にまとめ再編集したものが、現在の我々が学習している韓氏意拳になります。

www.ko2.tokyo

 

今回予告された講習会は、「ひもトレ」で有名な小関先生(https://twitter.com/130koseki)によるものだそうです。

第1部……「基礎・入門編」

韓氏意拳を初めて体験する方にもお薦めの入門編的な講習会
今までに受講経験のお有りの方でも基礎編は何度受講されても都度発見があるものです。
自身の進度の為にも定期的な受講をお薦めしています。基礎をさらに充実・復習されたい方々 稽古のブランクのあった方や比較的初歩の方にもご参加頂けます。

第2部……「一般経験者クラス」

当日初めて第1部を受講された方々もご参加頂けます。
すでに韓氏意拳の稽古会に何度か参加されていらっしゃる方に
さらに進度を深めたい方へ
内容は参加者のレベルに則した講習会になります。

☆できれば1部と2部はセットで受講されることをオススメします。
第1部で初めてちょっと経験をして、また経験者の方でも、基礎からお復習いしてから第2部の稽古に臨まれるのは、体認を深めるためにとても効率の良い方法です。

(中略)

「韓氏意拳」を学んでいる方も、興味はあるけれど未経験な方も、小関さんの指導は非常にお薦めです。

いろいろ武術を勉強しているが、
「上達しているのか自分でよくわからない」という方や、
「いまそこにある感覚をそのまま受け止めるには」どうしたら?とか、
「言葉に置き換えるのが難しい『感覚』を言葉にするのをやめる」って?
「日常生活の中に韓氏意拳はある」ってどういうこと?とか、
「韓氏意拳をひとり稽古するときに大切にするものとは?」知りたい方、
ぜひ、小関勲さんを通じて「韓氏意拳」に親しみませんか?』


【日時】2016年2月27日(土)
第1部 09:30-11:30 (120分)¥6000
第2部 12:45-15:15 (150分)¥7000

【会場】  タワーホール船堀  『和室』
【アクセス】 都営新宿線船堀駅」より徒歩1分
【会費】 今回複数受講される方々には、割引料金が設定されています。
第1部 ¥6000
第2部 ¥7000
第1部+第2部 ¥11000 (特別割引料金)

【募集】 各12名程度(先着順)

申込方法などは、リンク先をご確認ください。

tcacademy.blog97.fc2.com

Youtube動画を見つけました。

www.youtube.com

 

当ブログの中の人は、2/27は東京に居ないので、参加できないんですよね……

 

 

韓氏意拳―拳の学としての意味

韓氏意拳―拳の学としての意味

 

 

 

FLOW―韓氏意拳の哲学

FLOW―韓氏意拳の哲学

 

 

 

意拳学―中国功夫の精髄

意拳学―中国功夫の精髄

 

 

 

ヒモ付き 締めるとカラダは動き出す!  ヒモトレ

ヒモ付き 締めるとカラダは動き出す! ヒモトレ

  • 作者: 小関勲,ウメチギリ
  • 出版社/メーカー: 株式会社 日貿出版社
  • 発売日: 2014/02/13
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る