読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【武カレ】= 武道武術カレンダーBlog (by soseido.org)

「武道・武術イベント カレンダー」(budocalendar.soseido.org )の大会・演武会・講習会などを人力更新で紹介します。最新情報は各団体様にお問い合わせください。

2017/02/11&12→東京/林崎新夢想流居合(弘前藩伝)稽古会

居合 講習会 イベント紹介

2017年2月11日(土)と12日(日)の二日間、東京都内で弘前藩伝 林崎新夢想流居合 の稽古会が開催されます。

下記のサイトによると、11日は多摩市立武道館にて稽古会、12日は小野神社にて交流会&奉納演武とのことです。

www.facebook.com

抜刀術、居合の開祖とされる戦国末期の剣豪 林崎甚助重信。
その教えは、密接して座る相手が九寸五分の短刀で突いてくるのを、我は三尺三寸の長い刀を抜いて斬り止める稽古からはじまります。江戸時代に様々な流儀となって日本列島各地へ広がりました。
弘前藩(青森県津軽地方)には林崎新夢想流居合として伝わり、多くの武士たちが修行しました。
・・・・・・・・・・
第一部では、旧弘前藩の林崎新夢想流居合を一般の方向けにご紹介しながら、稽古会を行います。形の手順だけではなく、稽古の際に重要な身体づかいの工夫についてもご紹介します。
第二部は、参加者同士が自由に交流する場です。各地に伝わる林崎系の居合の情報交換なども行いながら、ともに研究稽古いたしましょう。
※流派や武種、経験等は一切不問です。ご関心のある方はどなたで
 も歓迎いたします。
※服装は自由です。動きやすい服装でおねがいします。

 

11日は「扇子斬り大会」も併催される見込みとのこと。
これは同流を熱心に稽古した四代目弘前藩主・津軽信政公(

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%A5%E8%BB%BD%E4%BF%A1%E6%94%BF )が考案した稽古法で、趺踞(フキョ)の姿勢をとり、立てた扇子を柄頭にて押さえ、それが倒れる前に抜刀して両断する、というものです。

(「月刊 秘伝」2016年5月号に詳しく載っています)

月刊 秘伝 2016年 05月号

月刊 秘伝 2016年 05月号

 

 (↑ステマ。p.102から林崎稽古会in東京(第1回)の記事が載っていますが、これの執筆を担当させていただきました)

現行の大会は、「真剣にて扇子を両断する」でなく「模擬刀で扇子に当てる」ことで「成功」と見做しています。
第三回大会の様子は、「月刊秘伝」2017年2月号の「武士コン8」記事に載っています。

月刊 秘伝 2017年 02月号

月刊 秘伝 2017年 02月号

 

 (↑またステマ

 

※「月刊秘伝」で書かせていただいた記事の紹介的エントリは独立して立てる……つもりだったのですが、なんだか精神的余裕とか色々不足しておりまして。

※あと他の出版社から出ている仕事の中で、当Blogで紹介しても良いようなものもありますが……まあ、追々やってまいります。

----------------------------------------

修武堂様の、こちらのツイートも紹介しておきます。

 

 

----------------------------------------

(過去記事)

budocalendar.hatenablog.com