【武カレ】= 武道武術カレンダーBlog (by soseido.org)

「武道・武術イベント カレンダー」(budocalendar.soseido.org )の大会・演武会・講習会などを人力更新で紹介します。最新情報は各団体様にお問い合わせください。

武道・武術イベントカレンダーBlogについて(top表示)

 当サイト『武カレBlog』は、「武道・武術イベント カレンダー」( http://budocalendar.soseido.org/ )のブログ版です。

 柔道・剣道・弓道合気道など現代武道や全国の古武道諸流派の、演武会・競技大会・講習会などについて、Webの公開情報および読者の方にお寄せいただいた内容を元に掲載しています(詳細は各団体様に直接お問い合わせください)。

 ブログ版は更新が遅いので、Twitter版( http://twitter.com/BudoCalendar )もご利用ください。

※本体(Googleカレンダー版)に使用している独自ドメイン www.soseido.org は相生道(そうせいどう)のものですが、掲載情報は基本的に、日本相生道協会とは無関係です。(詳しい説明はこちら→ http://yakumo.soseido.org/schedule
 イベント情報の投稿、削除・訂正要望などは メールフォームなど でお知らせください。

(2015-2017 相生道八雲会「武カレ」担当)

2017/07/15&16→北海道/刀禅:札幌セミナー

2017年7月15日と16日(土日)、小用茂夫先生の刀禅セミナーが、北海道は札幌市にて開催されます。

「刀禅」は特定の武術流派ではなく、“立つ”あるいは“歩く”といった誰でもできる……ように思っている運動を見直して、精密な身体運動の基盤を養う「和のボディワーク」です。

 

 

今回のセミナーでは舞扇を使用した身体基準の取り方や、掛け拳練行による内圧運動の体感などが行われるそうです。(詳細はリンク先にて)

f:id:FeZn:20170629223942j:plain

■場所:札幌市中島体育センター
 (〒064-0931 北海道札幌市中央区中島公園1-5)

■日時:2017年7月15日(土)、16日(日)
▼7月15日(土)
①午後2時30分~5時(受付2時~)【格技室】
 舞扇に使った身体基準の取り方+打拳+掛け拳練行(静行)。
▼7月16日(日)
②午前10時30分~午後1時(受付10時~)【講堂】、
 舞扇を使った練行法(前日の続き)+掛け拳練行
③午後2時30分~5時【小体育館】
 掛け拳練行(動行)

 

www.facebook.com

 

今回、北海道・札幌の地において一般の方を対象とした初の刀禅の講習会を開催する運びとなりました。インストラクターに錬空武館 高久昌義館長を迎え、他に刀禅古参会員も複数名参加してくれる予定です。この機会に刀禅の稽古方法をご体験頂ければ幸いです。

(中略) 

 

○【舞扇練行】『舞扇』はこの基準性を鮮明にし、習得へと導いてくれます。ここでいう基準とは、検証性、合法則性、指標性、座標性、汎用性といったことを含みます。日本人の身体を飛躍させた道具としての日本刀は認知されつつありますが、舞扇は踊りの小道具として知られる程度かと思われます。舞扇に秘められた和の叡智。繊細で洗練された道具との発展的な互恵の道。その一端でも味わい頂ければと願いますす。
○【掛拳練行】とは、【舞扇練行】で得た基準性に基づき、相手と拳を掛け合うことによって行う練習法です。足裏から手まで貫く勁い経路の開発をうながします。“ブレない軸”や“切れ目のない動き=密度の高い連関性”などを造る刀禅独特の方法です。方法はいたって簡素ですが、この練行法を続けることにより日常動作の改善から高級技法(聴勁化勁・合気・名人芸etc)と云われるものの身体的な基盤性を養成します。現在のところでも極めて顕著で興味深い成果を得ております。

 

 

締め切りは7月10日とのこと。

申込方法、詳細はFacebookのイベントページにてご確認ください。

→ https://www.facebook.com/events/1908580082723315/

----------------------------------------

今回のイベント予定は、小用先生から教えていただきました。ありがとうございます!

 

----------------------------------------

(過去記事)

 

 

 

budocalendar.hatenablog.com

 

武道・武術業界で数年前まで、「K先生という凄い人がいるらしい」と時折噂は聞いたものの正体不明のままだった『K先生』が、自身の学んだ伝統武術をベースにして産み出したボディワーク、それが刀禅です。

(と、分かったようなことを言っていますが、当ブログの中の人は体験したことがないのです……。……が、直接お会いした凄い先生が「凄い」「価値観が変わった」と証言するのだから興味津々です。札幌はちょっと無理ですが、関東で時間を見つけて行ってみたいものです……)

2017/7/2→愛知/名城大学古武道大会(学生各種武道団体演武)

毎年7月第1日曜、中部地方の学生団体が集う演武会が、名城大学・天白キャンパスで開催されます。

今年(2017年)は7月2日、12:30開始です。

開場 12:00
開会 12:30
終了 15:30

 

■出場団体
中京大学 会氣道部/合気道
立命館大学 古武道部/円心法殺倒流體術
東海学生少林寺拳法連盟少林寺拳法
名城大学 合気道部/合気道
名城大学 居合道部/柳生心眼流居合術
愛知淑徳・名城・東海学園大学合同なぎなた会/天道流
三島記念館/合気道 (招待演武) 
金沢工業大学 正伝長尾流躰術部/正伝長尾流躰術
名城大学 居合道部OB会
関西大学 古武道部/神月円心流
南山大学 相生道部/相生道

 

※演武団体一覧は、名城大学居合道部 様より戴きました。

 

---------

 

この「通称:旧体育館(6号館)」という会場は、初めて行く人には、分かりづらいかもしれません。

昨年(2016年)の記事と同様、道案内図を載せておきます。

budocalendar.hatenablog.com

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/F/FeZn/20160615/20160615110114.jpg

↑私が知る限りでは……上掲図、

・郵便局のある門から入って、
・「タワー75」のところで右折、
・しばらく行くと、居合道部の幟(ノボリ)が立っているので、そこで左折
・赤い手摺の陸橋のような場所を通過した先に、3階から入ることのできる、入り口があります。

※次のような景色が見える筈です。

(写真は 名城大学体育会居合道部 (@meijo_iaido) 様からいただきました。)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/F/FeZn/20160620/20160620004634.jpg

↑この写真の中で、矢印の先に、ドアが見えると思います。そこが入り口になっていて、中に受付が設置されることになるようです。

 

 

【リンク紹介】2017/06/25→大阪/第23回 西日本古武道大会

(後述の事情で、事後ながら記事をUPします)

2017年06月25日、大阪府大阪市の「阿倍野スポーツセンター」にて、「第23回 西日本古武道大会」が開催されました。

……というわけで、宝蔵院流槍術 様のHPの、レポートをリンクしておきます。

http://www4.kcn.ne.jp/~hozoin/170625ensin.htm

 

第23回 西日本古武道大会
 宝蔵院流槍術は、18流派が出場する「第23回 西日本古武道大会」に出場し演武を披露しました。
 平成8(1996)年開催の第2回大会より継続して出場しています。

 

出場流派
1 円心流居合据物剣法(本部)
2 天真正伝香取神道流
3 無比無敵流杖術
4 竹生島流棒術
5 二刀神影流鎖鎌術
6 円心流居合据物剣法(阪南)
7 筑後柳河立花藩御禁止流楊心流薙刀術
8 小笠原流馬術
(休憩)
9 佐分利流槍術
10 心形刀流武芸形
11 円心流居合据物剣法(阿倍野
12 泚川流柔術
13 直心影流薙刀術
14 円心流居合据物剣法(東大阪・都島)
15 宝蔵院流高田派槍術
16 大東流合気柔術 琢磨会
17 神道夢想流杖術
18 本體楊心流柔術

 

----------------------------------------

事前に記事を作成&UPできていなかったのですが、ふと調べると色々な検索エンジンで当Blogに飛んで来られる方が多い模様。「2017年 西日本古武道大会」でも、こちらに来てしまうんですね……。

(環境によりますが、そのワードでも1位から3位ぐらいが当ブログになってしまう場合があるようです)

注目度の高いイベントについては、毎年きっちり記事を作成せねばならないような気がしてきました。

Googleやその他の検索エンジンが、ちゃんとした検索順位をつけてくれればいいんですが)(←責任転嫁ですね)(←でも、できるだけそうなるように、あちらへのリンクを複数貼っておきます)

 

----------------------------------------

 

宝蔵院流槍術 様は、こうした演武予定などの情報が充実しているので、演武会情報をお探しの方はぜひチェック対象に加えておくべきだと思います!)

(武カレGoogleカレンダーやBlogは、時々更新がストップしますから……)

 

→ウェブサイト

 宝蔵院流槍術

 

Facebookも頻繁に更新されているようです。

 https://www.facebook.com/hozoin

 

----------------------------------------

(過去記事)

budocalendar.hatenablog.com

----------------------------------------

(この記事は2017/06/29、UPしました)