読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【武カレ】= 武道武術カレンダーBlog (by soseido.org)

「武道・武術イベント カレンダー」(budocalendar.soseido.org )の大会・演武会・講習会などを人力更新で紹介します。最新情報は各団体様にお問い合わせください。

4月22日→東京/佐野史郎 × 甲野善紀「武術と演技術」

異色の組み合わせ……? いや、そうでもないかもしれません。

2016年4月22日、俳優の佐野史郎さんと、古武術研究家の甲野善紀先生によるトークイベント「武術と演技術」が開催されます。

 

晴れ豆の畳空間で、武術の実践講座を開講してくださっている武術家・甲野善紀先生の

トークイベントです。

『できない理由は、その頑張りと努力にあった』を出版したばかりの甲野善紀さんの

トークのお相手は、俳優の佐野史郎さんです。

演技と武術、ご自身の身体をつかって、求道、表現を続けるお二人のお話をお楽しみに!

f:id:FeZn:20160127225010j:plain f:id:FeZn:20160127225015j:plain

 引用元 → 佐野史郎 × 甲野善紀 武術と演技術 « 豆風ライブハウス 代官山「晴れたら空に豆まいて」

 

場所はこちら。

地図 « 豆風ライブハウス 代官山「晴れたら空に豆まいて」

 

甲野先生の持論に「運動部・文化部なんて区分けはナンセンスだ」「どんな文化部だって、身体を使っているのだから」(大意)というものがあります。書道や楽器演奏は勿論、声や歌だって身体を鍛える必要があります。

将棋など、頭脳オンリーと思われがちなものですら、成果を上げるには身体は無視できません。頭脳は身体から独立してあるものではなく、全身を巡る神経ネットワークの一部なのですから。(←士郎正宗ふう表現)

まして、「演技」のように全身(そして全霊)を使って「表現」する俳優という職業では、殺陣などは関係なくとも、身体論と離れてはいられないでしょう。

 

本番は4月22日。予約するなら今のうちですよ!

 

 

怪奇俳優の演技手帖 (岩波アクティブ新書)

怪奇俳優の演技手帖 (岩波アクティブ新書)

 

 

こんなところで僕は何をしてるんだろう

こんなところで僕は何をしてるんだろう